着物を好きな理由

私が着物を好きな理由

私が着物を好きな理由は何だと
思いますか?

 

着物を着るとなると「着付けがめんどくさい」とか
「着た後の手入れが大変」という方が多いと
思います。

 

私自身も、確かにそう思います。

 

洋服の様にもっと簡単に着たりできたらいいのにとか、
あまり考えずにザブザブ洗うことができたらいいのにとも
思います。

 

しかし、そんな面倒くささを超える魅力があるので、
今の世代にも受け継がれているのではないかと
思います。

 

着物を着ると自分の中の日本人らしさを
引き出してくれる気がします。

 

シャキッとした姿勢にもなりますし、動作もそれに
合わせて美しくなっていきます。

 

特にそうした美しい動作というのは洋服の時には
あまり意識しないものですから、いつの間にか
日本の心というのが自分の言動に現れる時、
着物がさらに好きになります。

 

そうした姿というのは周りから見ても大変美しく、
輝いて見えます。

 

実際、海外で着物を着ている方にお会いした時に、
周りの海外の方々が和の心は本当に素晴らしいと
述べておられました。

 

着物が引き出してくれる魅力をこれからも
発見していきたいです。

 

最高のフォーマル

 

最近はなかなか着物を着る機会ってありませんよね。

 

七五三、成人式、結婚式、などイベントごとで
着るくらいで、普段の生活では着る機会は
ほとんどありませんよね。

 

最近筆者が「やっぱり着物って素敵だな」と
最近思ったのは、昨年の長男の卒園式でした。

 

ママたちのお着物、とっても素敵で式に華を
添えていらっしゃいました。

 

訪問着の上品な華やかさって、ママスーツが
いくらオシャレでも霞んでみえるほど!

 

惚れ惚れしてしまいますし、なのに
主役の子供たちより目立たない
上品さもあって、うっとりしました。

 

着付けに時間がかかる。脱いだ後のたたみ方が
わからない。

 

クリーニングがめんどう。着てて疲れる。

 

トイレに行きにくい。和装用の髪型をプロに
やってもらうと高い。

 

そもそも着物って何十万〜何百万もして高い!

 

着物をなかなか着ない理由を挙げれば
キリがないほどありますね。

 

でもやっぱり、着物って日本人には一番似合う
服だと思うんです。

 

母から子、子から孫へ大切な思い出と共に
受け継ぐことができる着物。

 

久しぶりにタンスから出してみてはいかがですか?